2017年 旬のスタイル

スポンサードリンク
レターパックって何?料金やサイズ、便利な使い方

荷物を送る時、どうしてますか
 
 
クロネコヤマトや佐川急便、郵便など
選択肢はいろいろあります。
 
 
とくに、小物のオークション商品、書籍、航空券、
乗車件券、チケット、証明書、印鑑証明書、
戸籍謄本、住民票の写し、健康保険証、車検証、
履歴書、などを送るときに困ることはありませんか

 
 
こんな時には郵便局の「レターパック」が便利なのです。
 
料金はレターパックライトの360円と
レターパックプラスの510円の
2種類用意されています。

 
 

レターパックとは

レターパックとは、郵便局やコンビニで売っている
郵送代金込みの封筒で、日本郵便のサービスです。
 
送るときは、郵便局に持っていっても良いし、ポストに投函も可能です。
 
 
到着のスピードが早く、荷物の追跡もできます。
それに、全国一律料金です。

 
 
簡単に安く送れるので人気があります。
 
 
レターパックには
「レターパックプラス」と「レターパックライト」が用意されています。
 
 
レターバックプラスとレターパックライトを比較しながら違いを説明したします
 
 
スポンサードリンク
 
 

レターバックプラスとレターパックライトを比較表

レターパックプラス レターパックライト
取扱
コンビニ
ローソン、ミニストップ、デイリーヤマザキ、サークルKサンクス、セイコーマート、セブンイレブン(確認要)
料金 510円 360円
サイズ A4サイズ
重量 4kg
厚み 封筒に入れば問題なし。 3cm以内
集荷 電話出荷が可能(無料) ホストまたは郵便窓口
配達 手渡しで受領印をもらいます。
不在の時は不在連絡票がはいります。
ポスト
追跡サービス 追跡サービスで郵便物の配達状況をパソコン、携帯で確認できます。(お問い合わせ番号が必要になります。)
信書 OK
保証 損害賠償はありません。
配達日(日数) 速達レベル
送れないもの 現金、貴金属などの貴重品や爆発物などの危険物
(上記以外のものは送れます。私信も大丈夫です。)

 
 

レターパックのまとめ

早く確実に届けたい場合は
どちらも速達レベルの速さですが、
レターパックプラスの方が
受け取りには受領印が必要なため送る側も安心ですね。
 
 
特に、オークションやメルカリなどで送付するにはピッタリですね。
 
 
値段が安く、追跡機能があり、相手に速く届くので
お互い安心できますね。

 
 
余談ですか、
1.「スマートレター」というA5サイズ・1kgまで全国一律料金で、
信書も送るサービスもあります。料金は180円です。
 
2.EXPACK(エクスパック)500は2014年3月に
取り扱いを終了しています。
レターパック 500と勘違いされている方が多いようです。
ご注意を
 
 
スポンサードリンク