2017年 旬のスタイル

美味しいプロティンで筋肉増強からダイエットまで

プロティンと言えば何を思い出しますか
 
 
ほとんどの方が、ムキムキお兄さんを思い出すのではないでしょうか。
そう、筋肉ムキムキでポーズをとっているお兄さんがごくごく飲んでいる姿です。
 
 
昔のプロティンの飲む目的が「筋肉増強」でしたが、
最近は美容や、ダイエットのために
飲まれる方が多いのです。

 
 
そして、プロティンでもう一つ思い出すのが・・・
 
 
まずい!!」です。
 
 
大量の粉を水で溶いて、密閉ボトルにいれてシェイカーのように振るのですが
いくら振っても粉はとけません。
 
 
途中で断念して飲むのですが、粉っぽくてまずいのです。
 
 
しかし、そんなイメージはすぐにかわります。
プロティンは進化しているからです

 
 
あなたがプロティン初心者なら、おすすめプロティンをご紹介します。
 
 

プロティンとは

プロティンはサプリメントです。
栄養補助食品の位置づけですね。

 
 
プロテイン(protein)とは日本語でタンパク質です。
 
 
「肉」「魚」「大豆製品」「卵」「乳製品」などに多く含まれています。
 
 
普段の食事から摂取できる栄養素です。
 
 
人間の身体は「タンパク質」からできている。
なんて聞いたことありませんか。

 
 
タンパク質は筋肉だけでなく、皮膚や筋肉、内臓や髪と言った、カラダを組織する材料にもなる大切な栄養素です。
 
 
だからしっかり摂りたいですよね。
 
 

プロティンの種類は

プロテインの種類には、主に

  • ・カゼインプロテイン
  • ・ホエイプロテイン
  • ・ソイプロテイン

の3種類に分けられます。
 
 

ホエイプロテインとは

「ヨーグルトなどの上澄み」のことを「乳清」といいますが、この部分からタンパク質を取り出します。
 
 
必須アミノ酸・BCAAなどが含まれており、消化吸収が速いのでトレーニングで傷ついた筋肉の回復や筋肉の増強があります。
 
 
水に溶けやすく飲みやすいです。
 
 
定番アイテムのプロティンですね。
 
 

カゼインプロテインとは

牛乳を温めた時に「牛乳の表面に膜」ができますよね。
これが「カゼイン」です。

 
 
飲むとお腹の中で固まってしまうため消化吸収が遅くゆるやかにタンパク質が吸収され筋肉に栄養を与えます。
 
 
日中にタンパク質を吸収したいかたに向いています。
 
 

ソイプロテインとは

「ソイ」は大豆ですね。「大豆」で出来ているプロティンです
 
 
主原料が大豆なので植物性のタンパク質が豊富です。
 
 
大豆イソフラボンは女性ホルモンと似ているために美容、ダイエットで飲まれます。
 
 
食物繊維が含まれていることから、腹持ちがよく低カロリーとして知られています。
 
 
ただ、水に溶けにくく美味しくないのが特徴です。
(最近は美味しいもの販売されています。)
 
 

初心者の方におすすめのプロティンは

プロティンが美味しいわけではありませんが
 
 
自分の経験からいいますと、飲み続けるためには
飲みやすいプロティンから始めるのが良いと思います。

 
 
すると、ホエイプロテインがおすすめになります。
 
 
ココア味、いちご味、バニラ味、ミルクティー味などありますが、
私がおすすめするのはヨーグルト味です
 
 
冷たい水でさっと溶けて美味しいですよ。
 
 
次に選ぷ条件としては、高たんぱく低脂肪ですね。
身体に良いものをえらびましょう。

 
 

プロティンのまとめ

運動したあとの身体のメンテナンスにプロティンは最高だと思います。
 
 
しかし、プロティンは続けないと意味がありません。
 
 
自分の口のあったプロティンが見つかれば最高ですね