2017年 旬のスタイル

セブンイレブンに良くいく方はセブン銀行カードが最強

セブンイレブンに行くと、すみっこの方に縦に
細長い赤い装置が置いてあるのを
見たことはありませんか。
 
 
大きく「7BANK」と書かれています。
 
 
これがセブン銀行のATM端末なんですね。
 
 
今ではセブンイレブンでもお金を下ろせる
時代が来たのです。
 
 

セブン銀行とは

セブン銀行はATM端末だけの銀行です。
よくある銀行の建物はありません。
 
 
強いて言えば、セブンイレブンや
イトーヨーカドーが銀行のようなものですね。

 
 
ほかにも、駅や商業施設、空港、証券会社の
中などにATM端末が置いてあります。
 
 
ATM端末の台数は2万3千台以上あるそうです。
 
 
今やどこでもお金がおろせるように
なったのですね。
 
 
でも、それだけではないのです。
普通の銀行のように普通預金、定期預金、
ローンサービス(カードローン)やお振込み、
引落しなどのサービスも受けられるのです。
 
 

セブン銀行の営業時間と手数料

セブンイレブンと同じで原則24時間365日
営業です。いつでもお金がおろせます。

 
 
セブン銀行以外の銀行のカードも使えるの
ほとんどの金融機関のカードが使えるように
提携を進めています。
 
 
どのカードでも利用できるように
努力されているそうです。
 
 
ちなみに、野村證券に行くとセブン銀行の
ATM端末がありました。
 
 

手数料が基本的に無料!!

手数料については、どこの銀行のカードを
使用しても「手数料は無料」なのです。

 
 
銀行の場合は、私たちがATMを利用する際に
支払う手数料を、キャッシュカード等を
発行している銀行からATMサービスの対価とし
て払われてい
ます
 
 
すばらしい考え方ですね。
 
 
但し、0時から7時。19時から24時の
引き出しの場合は108円かかります。
 
 

セブン銀行のメリットとは

すでに出ているものもありますが
おさらいとして
 
 
口座開設無料・維持手数料も無料
デビットカードとキャッシュカードが一体型
銀行取引でnanacoポイントが貯まる
セブン銀行ATMで下ろせる
ATM手数料は7:00から19:00のみ無料
 
 

セブン銀行の申し込み方法は

デビット付キャッシュカードの場合
 
 
1.メールアドレスを登録します。
2.登録したメールアドレスに「申し込み手続き」のアドレスが付いてくるのでクリック
3.名前、住所など登録して申し込み手続きを完了させる。
4.数日後にキャッシュカードが送られてきます。(キャッシュカードを受取りの際に、本人確認書類を提示します。)
5.利用開始です。

 
 
めちゃくちゃ簡単です。
 
 
デビットカードが付いているので、
口座に現金が入っていればカードで
支払うことが可能になります。
 
 
また、セブンイレブンの
電子マネー「nanako」カードも付けられるため、
ますます便利になりますね。

 
 

セブン銀行のまとめ

毎日セブンイレブンに行かれる方には
最強のカードではないでしょうか。
 
 
カードの申し込みも簡単でした。
 
 
一度検討してみてはいかがですか