2017年 旬のスタイル

コマーシャル通りなの?ソニー損保のメリットとデメリット。

クリームシチューさんのコマーシャルで
一度は見たことがあるのではないでしょうか。

 
 
キーワードは「走った分だけ!!」
 
 
そうです。ソニー損保の「自動車保険」コマーシャルですね。
コマーシャルを見ていると保険料が安いイメージがありますが
本当に良いのでしょうか。
 
 
メリット、デメリットを調べてみました。
 
 

ダイレクト自動車保険とは

まず、ここからお話しなければなりません。
 
 
最近の自動車保険は2種類に分かれています
昔からあるのが代理店を通して自動車保険会社と契約する「代理店型」
最近増えだしたのがインターネットや電話を利用して直接、自動車保険会社と契約する「ダイレクト型(通販型)」なのです。
 
 

「代理店型」の特徴は
  • ・お店で保険担当と相談して保険の保証内容等を決めることができます。
  • ・手続きはほとんど保険担当の方が行い、内容の確認等を行うだけなので手間がかかりません。
    特に保険の継続などは変更点がなけけばすぐ終わります。

 
 

「ダイレクト型」特徴は
  • ・インターネットから自動車保険会社のホームページにアクセスして、パソコン上で必要事項を入力して申込みを行います。
  • ・直接、自動車保険会社と契約するためいろいろな割引があります。代理店とくらべると保険料は安くなります。
  • ・見積もりの依頼や相談はメールや電話になります。また申し込み手続きはインターネットや郵送になります。
  • ・家にいながら自分のペースで全てできます。インターネットを使えは24時間いつでも申し込みが可能です。

 
 

ソニー損保のメリット、デメリット

メリットは
  • ・一番のメリットは「代理店」を通さないので保険料が安い!!
  • ・走行距離に対してのみ保険料が変動します。走った分だけの保険料を払うことになります。
  • ・「週末しか乗らない」など、車をあまり利用しない方には保険料が安くあげられます。
  • ・保険料の過払いがあった場合、来年度にあててくれます。
  • ・サービス拠点は全国約9,000箇所あります。
  • ・ロードサービスも「応急作業」「無料レッカーけん引」「宿泊、帰宅費用」など、他の「ダイレクト型」の保険会社にくらべてもトップクラスです。
  • ・ご契約者優待サービスとしてソニー関連の割引クーポンがもらえます。(レジャー、映画、ホテル、グルメなど)

 
 

デメリットは
  • ・距離による保険料算定なので、契約時に申告する予想年間走行距離と実際の走行距離の差が大きい場合、差額の保険料が高くなります。

 
 

ソニー損保のまとめ

料金が「代理店」を通さない分、安いことがわかりましたね。
ネットで申し込めるので、じっくり考えることができ24時間いつでも申し込みが可能です。忙しい方も大丈夫。
 
 
車に乗る機会が少ない方の自動車保険といっても過言ではありません。
 
 
ソニー損保のサイトを覗いてみてはいかがですか。